Top
by 
 無料のアクセスカウンター

湖国滋賀県の豊かな日常を紹介するべく、雑誌をつくっています!
by oumi_cococu
カテゴリ
ご購入について
バックナンバー
取扱店舗
会議
内容
取材
編集
バトン
イベント
その他
リンク
最新の記事
「地域の魅力を伝えるデザイン..
at 2014-12-24 18:21
il Busetto Fir..
at 2014-07-28 01:16
vol.5発売中です!
at 2014-07-06 16:53
フェイクスウィーツ
at 2014-02-12 23:11
荒波伊吹
at 2014-02-11 21:10
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"soft autumn leaves" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:取材( 24 )
Top▲
伊吹
伊吹の麓。

よもぎからとれるお灸で有名な他、
縄文時代から人々が住み、ヤマトタケルをはじめ数々の伝説があり、
オコナイの祭事が残る地域。


廃校を再利用した伊吹山文化資料館にて
麓に住まれている伊吹人の藤田さん(84歳)に、暮らしぶりについてお話を伺いました。

薬草を集めて小学校へ持って行き、全国へ出荷した学生時代。
桶風呂のつかり方。近所同士で「おふろを頂く」習慣。
「いぶき」という苗字がこの地域には8種類もある!など
面白かったです。


伊吹山文化資料館の歴史講座は、実は人気があって
名古屋や大阪からも来られて多いときは50人も来られるのだとか。
c0202060_20523250.jpg


その後、
ミルクファームで伊吹牛乳を飲んで、伊吹ハムでスモークチーズ&ハムを買い、
霧の中をドライブウェイで伊吹山へ登り、神々しい光を拝んで
最後は、麓の薬草の湯で温まって帰ってきました。

c0202060_21001785.jpg
ドライブウェイを独り占め。紅葉美しい景色を横目で見ながら、良い運転の練習になりました。

mao

[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2013-11-08 21:02 | 取材
赤が隠れテーマかな?
c0202060_20303961.jpg




mao
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2013-10-19 20:17 | 取材
よこせ梨園と永源寺
取材と観光を兼ねて永源寺方面へ行ってきました。

よこせ梨園http://www.yokosenashien.jp/
梨狩り!本日「新高」の最終日。
c0202060_21544872.jpg
黄金色です。
c0202060_2155617.jpg
パラソルの下でのんびりと。
c0202060_21552822.jpg
オーナーの横畝さん。
c0202060_21553547.jpg
お父さんの代で昭和35年に入植されたとのこと。




続いて永源寺へふらり。
c0202060_21555186.jpg
局所的に色づいてました。
c0202060_228687.jpg
岩に紛れて仏様。
c0202060_2293264.jpg
茅葺き屋根の本堂がウリです。


mao
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2013-10-13 22:10 | 取材
徒歩タビ!
新編集部員+カメラマンの咲ちゃんとともに
徒歩タビ取材へ行ってきました^^

今回は余呉町菅並あたりを散策。
c0202060_2113034.jpg


c0202060_21125530.jpg

鮎釣りをしているおじさんに遭遇。
今日の釣果を撮影させてもらいます。

c0202060_21125891.jpg

例の北海道トンネル(!)を歩いてゆくメンバーたち。
トンネルの中はひんやり涼しくて、しばし涼を楽しむ…。

c0202060_21124560.jpg

トンネルを抜けたところにある小さな集落へおじゃますると、
カブトムシやクワガタと遊んでいる子どもたちに出会えました◎

さて、この取材がどういう紙面になるか、乞うご期待!です^^
[PR]
Top▲ by Oumi_cococu | 2012-07-31 21:25 | 取材
徒歩たびプレ取材!
先日余呉町の山奥へ徒歩たびのプレ取材に行ってきました!

最初は廃村があるという噂を聞き出かけたのですが
残念ながら通行止めでそれ以上奥にはいけませんでした。
なので歩いてみることに。

そして面白いものを発見!滋賀県なのに北海道トンネル!
c0202060_1656817.jpg

使われていないので電気はなく真っ暗!
みんなでドキドキしながら歩いて通りました^^

そしてそこの近くには同じ形をした屋根のおうちがいっぱいでした。
c0202060_16562461.jpg

鮮やかな色がアクセントに入っているものがありとても可愛かったです。

帰り道この先トンネルという標識があり思いつきで行ってみることに。
そしたら細い細い山道・・・お猿さんと出会いトンネル発見!
c0202060_16412996.jpg


縦2.5メートル、横2メートルしか入れないという表示が。
先は真っ暗。水がしとしと。
怖くなって引き返しました(笑)

降りていくと住人の方に出会ったのでトンネルについて聞いたところ
いけるよ!行ってきなよ!といわれもう一度チャレンジ!
前から車が来たら対向できないのでドキドキ!
けどスリリングで楽しかったです!

面白い葉っぱもいろいろあったので次行く時は
こういうところにも視点を向けて歩いてみたいと思います☆
c0202060_16401695.jpg



以上 3回佐々木、西村でした^^
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-07-03 16:58 | 取材
食べ歩き
こんばんは!
皆さん明けましておめでとうございます(●^o^●)
cococu編集部員の坂口です。

12月に、食べ歩きの取材に行ってきました。
取材地は、大津市の駅前商店街です!

c0202060_2240117.jpg

クリスマス前だったこともあり、たぬきさんが超クリスマス仕様に(^O^)

そんなたぬきさんに見送られて、まず最初に見えてきたのは和菓子屋さん。
どら焼き、いちご大福におはぎなどなど、おいしそうな和菓子を購入!
c0202060_2331379.jpg


そのあとも、佃煮屋さんに行ったり、お惣菜屋さんに行ったり、お肉屋さんに行ったり…
c0202060_23145361.jpg
c0202060_23152071.jpg

おいしそうなお店がいっぱい!(^O^)

商店街の皆さんはほんとに優しくて、あったかい気持ちになりました。
お肉屋さんのおじちゃんはなんと唐揚げをサービスしてくれたり…!!(゜.゜*)
気軽にふらっと立ち寄れて、人の温かさに触れることができるのって、
商店街の大きな魅力ですよね(●^o^●)
大津駅前商店街の皆さん、ご協力どうもありがとうございました!

詳しくは、cococu三号をお楽しみに!☆
ではでは、今年もcococuをよろしくお願いします(^^)
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-01-07 23:47 | 取材
丸子船
お久しぶりです。4回生の横井です。


先日、思いをはせるの取材にて『北淡海・丸子船の館』に行ってまいりました!
どこにあるかといいますと、西浅井です。琵琶湖の一番北、余呉湖を過ぎたあたりにあります。
朝から松本さんとR2に唸りを上げていただきました^^ ドライブ日和◎


国道から横道に入り、静かな住宅街をしばらく進んで、到着。
知る人しか知らない感がにじみでています。


で、これが丸子船。
c0202060_132412.jpg

どん!


実際に活躍していた本物です。大きさは中くらいだそうですが、それでも入りきりません。
画面右下、船の横部分に丸太がそのまま使われているのが分かりますでしょうか?
このどかっと豪快に取り付けられた丸太が丸子船の特徴だそうです。


上から見た図
c0202060_1462618.jpg

ちなみにマネキンの瞳はブルー。

このスペースいっぱいに米を100石ほど乗せます。
人間はどこに乗るかというと、前の写真奥の窓部分が機関室で、そこで一家が生活したそうです。
とってもエコノミー。
琵琶湖水運の全盛期は1400隻もの丸子船が琵琶湖を行き来していたそうですよ。


船ばかり撮っていますが、周りには丸子船全盛期の資料や、船上の生活用品展示もあります。
ここ西浅井の暮らし資料館も併設してあり、昔の町役場も見ることができます。
また案内の方に丸子船について詳しくお話を伺うことができました。ありがとうございました!


ちなみにここらへんの通り、やたら丸子船モチーフを目にします。すごく押してます。
看板や街頭にも丸子船。なかにはこんなのも。
c0202060_2561433.jpg

丸子船モデルのアスレチックです。かわいい!


さて、取材を終えて帰る途中、奥びわ湖水の駅へ立ち寄りました。
そこで買ったのがこちら。
c0202060_2321618.jpg

湖北のお米で作られたかきもち。丸子船の上での携帯食だったそうです。
焼いたり揚げたり。


あと鱒寿司とこちらのグルメの一つ(らしい)丸子焼きをいただきました。
たこ焼きのたこの代わりに餅が入ったものだそうです。美味しい^^


西浅井まで行ったのは初めてでしたが、静かでとても良いところでした。
腹帯観音様にも行ってみたかったのですが、時間が無くて今回は断念。機会があれば行きたいです。
あと私はもう少しマメに写真を撮った方がいい;;


それでは「想いをはせる」取りかかります。
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2011-11-30 03:09 | 取材
焼畑収穫祭
編集員ヨリカワです。
先日、余呉での焼畑収穫祭に行ってきました◎

8月の草刈り→火入れを経て、11月に行われた収穫祭。
焼畑農法とは農地を伐採・焼却し、地力を回復させる自然循環的な農法で、
その地力を使って栽培するため、無農薬で野菜などが育ちます。
c0202060_0294229.jpg
日当りのよい山の斜面を利用するため、作業は一苦労…。

今回取材させていただいた余呉では、『山かぶら』を栽培しています。
c0202060_0285464.jpg
滋賀には赤カブが多いのですが、山かぶらもその一つ。
土地の力だけで育まれた力強い山かぶらは
皮が固く、少々の苦みも感じられる、ワイルドな味です。
古くからお漬け物などにされてきたそうですが、
最近ではドレッシングやリキュールなど新たな試みも。
c0202060_0393568.jpg
ドレッシングはさっぱりとした甘酸っぱさで美味しかったです◎

収穫祭の後には、この辺りで採れた野菜や
キノコを使ったお料理を食べながらの交流会。
もちろん山かぶらのドレッシングお漬け物も登場!
c0202060_0395657.jpg
少し苦みのある、大人の味? こちらも美味しくいただきました^^

昔ながらの、自然のサイクルを使った育て方。
禁止・制限されている部分もあり、衰退してはいますが、
自然の力を使った、力強い作物ができる焼畑農法が
これからの世代にも伝わっていくといいなと思います。
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2011-11-07 00:52 | 取材
徒歩旅 in マキノ
こんにちは!編集部員の荒川です(^^)

先日、改めて徒歩旅の取材へ行ってまいりました!
取材先はマキノに再変更です☆
お天気もさいこーに良くて、徒歩旅日和!
いいスポットが見つけられそうな予感♪

c0202060_2274020.jpg

今回練り歩くことにしたのはマキノのなかの牧野。ややこしいですが、『マキノ町牧野』です☆
それにしてもカタカナのまちって珍しいですよね。
c0202060_22381764.jpg

c0202060_13381128.jpg

マキノという地名の由来は、『マキノ高原スキー場』からきているそうで、なかなか有名なスキー場みたいです。が…みなさんご存知だったでしょうか?
その影響か、マキノにはスキーを思わせるアイテムがところどころに…

その他にも見所が盛りだくさんのマキノでした!
次号の徒歩タビも面白い記事になりそうです☆

詳細は次号で☆お楽しみに(^^)
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2011-10-28 22:46 | 取材
徒歩旅!
こんにちは!三回の坂口です(●^o^●)

昨日は台風がすごかったですね。

一瞬で傘がひっくり返りました。皆さん大丈夫でしたか?(>_<)

そしていきなり寒くなった気がします…。そろそろ秋の到来ですかね!



さて、先日三回生たちは徒歩旅のプレ取材に行ってきました!

取材地はマキノの予定だったんですが、良いスポットを見つけられず…急遽、朽木に変更となりました(^O^)

c0202060_1514975.jpg

しばらく歩くと鯖街道を発見!

c0202060_1532746.jpg

鯖街道を少し進んだところに、丸八百貨店という建物がありました。

中に入ると、お店の人がお茶を出してくださいました(●^o^●)

この百貨店は昭和8年に建てられたもので、現在は喫茶店や休憩所として利用されているそうです。

地元の特産品なども少し販売していて、ほっこり落ち着く雰囲気でした(^O^)

建物は国の登録文化財にも指定されているそうです。

百貨店を出た後は、お店の人に教えてもらったお寺の庭園を見に行きました。

写真がないのですが…(>_<)

もみじの木がいっぱい植えられていて、秋に行ったら絶対綺麗だと思います。


c0202060_15485535.jpg

途中で出会ったかわいいワンコ。




今回初めての取材で不安もちょっとあったのですが、色んな収穫があったんじゃないかと思います!

曇り空だったのが残念でしたが…(>_<)

朽木は静かで良いところでした。まだまだ沢山穴場が潜んでそうです。

もっと色んな人ともお話したいなぁと思います。

これからどんな記事ができるんだろうかと思うとわくわく。

本取材も気合入れていきたいと思います!(^O^)

その時は晴れますように!
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2011-09-22 16:16 | 取材
| ページトップ |