Top
by 
 無料のアクセスカウンター

湖国滋賀県の豊かな日常を紹介するべく、雑誌をつくっています!
by oumi_cococu
カテゴリ
ご購入について
バックナンバー
取扱店舗
会議
内容
取材
編集
バトン
イベント
その他
リンク
最新の記事
「地域の魅力を伝えるデザイン..
at 2014-12-24 18:21
il Busetto Fir..
at 2014-07-28 01:16
vol.5発売中です!
at 2014-07-06 16:53
フェイクスウィーツ
at 2014-02-12 23:11
荒波伊吹
at 2014-02-11 21:10
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"soft autumn leaves" Skin
by Animal Skin
<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Top▲
2012年3月 取扱店舗 【更新】
vol.3発行とともに、取扱店舗も増えました!
オンラインショップでの販売もありますので、
滋賀県外、お近くに取扱店舗の無い方もぜひ◎

---

【東京】m+(台東区)
    syuro(台東区)
    in-kyo(台東区) new!
【石川】Lykkelig(金沢)
【京都】恵文社一乗寺店(左京区)
    レティシア書房(中京区) new!
【滋賀】ウッディパル余呉(長浜)
    半月舎(彦根)
    ほっこりカフェ 朴(彦根)new!
    vokko(彦根) new!
    叶匠寿庵 寿長生の郷(大津)
    shiroiro-ie(信楽)
    misin-ya(信楽)
    Ogama(信楽)
【岡山】蟲文庫(倉敷)
【徳島】uta no tane(徳島) new!
【海外】Il Bussetto(フィレンツェ)

※取扱店舗には販売店舗のみでなく、設置店も含んでいます。
 ご質問、ご感想などは oumi.cococu◆gmail.com(◆→@)までお願いします。
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-29 20:58 | 取扱店舗
【展示会のお知らせ】 cococu展+ガリ版ワークショップ
c0202060_1036334.jpg
ここくらし・cococu ガリ版ワークショップ
開催日:2012年4月13日(金)
会 場:信楽・登り窯ギャラリー Ogama (http://www.meizan.info/ogama
    滋賀県甲賀市信楽町長野947 信楽高原鉄道『信楽駅』より徒歩15分。
内 容:“ガリ版” こと 謄写版印刷機で、オリジナルポストカードを作ります!
参加費:無料 ※お一人様 5枚まで印刷可。それ以上の枚数をご希望の方は、別途料金をいただきます。

***

cococu vol.2で取り上げた、滋賀県発祥の簡易印刷機 “ガリ版” 。
ガリガリと音をたて文字や絵を刻み、インクを練って刷る。
一手間一手間かける この印刷手法には特別な想いがこもります。
普段伝えられない想いを、ガリ版で作ったオリジナルのポストカードで届けましょう。
滋賀の暮らしを伝える“cococu —おうみの暮らしかたろぐ—”が
移動式の仮設工房“クラフト屋台”で贈る、想いを伝えるワークショップです。


今回は、信楽で開催されるアートイベント 『信楽ACT2012』 に合わせ、
ガリ版ワークショップとともに『cococu —おうみの暮らしかたろぐ—』展示も行います◎
当日は cococu vol.1-3 や cococuポストカード も販売する予定です。

イベント盛りだくさんの信楽のまち。この機会にぜひお越しを^^

---

クラフト屋台http://craftyatai.exblog.jp/
c0202060_17274129.jpg
全国各地どこでもワークショップ
ものづくりの楽しさを皆で分かち合う、移動式の仮設工房

SHIGARAKI ACThttp://shigarakiza.com/act2012/index.html
c0202060_17313416.jpg
地元窯元さんたちによる窯元工房散策イベントと共に、独特の町並みを利用して、
作品展示やワークショップなど、町の中で作家の新しい表現を試みるアートイベント
※画像は各サイトからの転載です

---

お問い合わせは cococu編集部(oumi.cococu@gmail.com) まで
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-27 11:34 | その他
cococu a Firenze
フィレンツエのピーノさんのお店に最新号が到着したようです。

日本の観光客の眼にもとまるでしょう。
c0202060_0214795.jpg

c0202060_001014.jpg
c0202060_011374.jpg


ソウル事務所にも置いてもらいましょう☆



[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-27 00:02
出荷作業

cococu専用の箱に詰めて、新たに出荷作業。
c0202060_1819499.jpg


むふふ。
梱包作業は意外に楽しいよ☆
(たった4つだからかも)

c0202060_18185679.jpg




mao
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-20 18:20 | その他
cococuとcococu
c0202060_20422474.jpg
vol.3が発行された『cococu —おうみの暮らしかたろぐ—』。
号数が増えるたびに、取材先の方々、読者の方々はもちろん、
いろいろな人、もの、こと、まちとのご縁が生まれてきました。

さて、今回は不思議なご縁の話。
みなさんは cococu と検索してヒットする中に
もう一つ“cococu”があるのをご存知でしょうか?

四国・松山を拠点に活動しているロックバンド “cococu”。
c0202060_20515963.gif
“浜田省吾さんの完全コピーを目指す平均年齢4?歳の"なりきり浜省"RockBand”。
こちらは『湖国(ココク)』ではなく、“cococu”=『広告(コーコク)』と読むのだそう。

実は、検索するたびに目にする“cococu”さんが気になっていたのですが、
つい先日、“cococu”メンバーのお一人がブログにて
『cococu —おうみの暮らしかたろぐ—』を紹介してくださったのを発見。
それをきっかけに、先輩“cococu”さんにご挨拶をし、
せっかくならば!と、cococu vol.1-3をお送りしたのでした◎

……それから数日後、編集部に一通の封筒が届きました。
「さて、なんでしょう…?」 と 封筒を開けると、中には
“cococu”メンバーからのお手紙とオリジナルピックが!

思いがけないお返しが嬉しくて、思わず撮ったのが冒頭の写真。
“cococu”オリジナルピックと cococu vol.3 との夢の競演(?)です^^

更に! ブログにて cococu vol.1-3 についての感想もいただきました。
とても嬉しい感想でしたので、こちら ご紹介しておきます。
「そうそう!」とか「そこ見てほしかったんです!」ということもあれば
「ふむふむ、そうなのか」と次号へのアドバイスになるような言葉も。
編集部員として、じっくりと読んでいただき、本当にありがたい限りです。

fujitaさん、ご紹介やピックなど ありがとうございます!
素敵なご縁(と、瀬戸内のお魚?)に惹かれて、
近いうちに松山に遊びにいきたい!と思っています。
ぜひぜひ 滋賀へも遊びにきてください^^


yori
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-18 21:20 | その他
vol.3も追加です。
c0202060_2130758.jpg

[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-16 21:30 | バックナンバー
cococu vol.3 発行!
ついに『cococu ―おうみの暮らしかたろぐ―』 vol.3発行です◎

c0202060_10543363.jpg
c0202060_11113189.jpg


cococu vol.3 では“おうみをたべる”というテーマで、
滋賀の台所におじゃまして、日々の暮らしを見つめました。
その他にも商店街を食べ歩きしてみたり、赤かぶを収穫してみたり、
穀粉工場に見学に行ったり…と、食いしんぼうな取材をしてきました。

滋賀を舞台にした本を紹介する『おうみのふみくら』
湖国の知恵を伝える『ここちえ』など、連載ページも。

手前味噌ですが、今回も読み応えたっぷり!です^^

***

『cococu ―おうみの暮らしかたろぐ―』
vol.1 … 特集 “おうみの暮らしかた” / 525円(税込)
vol.2 … 特集 “おうみのしごと” / 500円(税込)
vol.3 … 特集 “おうみをたべる” / 500円(税込)
バックナンバーについて

お問い合わせやご購入に関しては
oumi.cococu@gmail.com までご連絡ください。

置いてくださるお店、カフェなども募集しております^^



.
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-07 11:24 | その他
くらしとデザイン
もうすぐもうすぐ、とお知らせしていた cococu vol.3ですが
先日、無事(?)入稿いたしました!
完成は7日ごろ。改めて皆様にお知らせいたします◎

***

さて、入稿を終えて一段落…ということで、
編集顧問たちと共に山陰の旅へ行ってきました。

まず向かった先は、島根県立美術館で開催中の
『くらしとデザイン「暮しの手帖」花森安治の世界』展。

c0202060_0153176.jpg

花森安治さんは『暮しの手帖』創刊以来30年編集長をつとめた方で
編集、取材、撮影から執筆、イラストなど雑誌づくりのすべてを手がけていました。
取り上げる情報への姿勢、何種類も試し書かれた文字、丁寧に描かれたイラスト…。
『商品テスト』では各メーカーの商品を実際に使用し、入念にテストしています。

「雑誌作りというのは、どんな大量生産時代で情報産業時代で、
 コンピュータ時代であろうと、所詮は〈手作り〉である。
 それ以外に作りようがないということ。ぼくはそう思っています。…」

雑誌とは手でつくるもの、ひとからひとへと伝わるもの。
こういう想いを大事にして、cococuを作っていきたいと思います。


***

おまけにもう一つ。
島根の次は鳥取・境港の水木しげるロードへ。
総勢139体の妖怪ブロンズ像が並ぶ境港では、街頭やタクシーまでもが妖怪化。
郵便ポストの上にも鬼太郎と目玉のおやじの姿がありました。
c0202060_033513.jpg

近づいて見てみると…
c0202060_033736.jpg
鬼太郎が乗るのは一反木綿ではなく、郵便はがき!
切手の絵柄まで、ちょっとした遊び心が憎いです!

近日発売のcococu vol.3でも、郵便ポストを取り上げています◎
滋賀にはどんな“乗っかりポスト”があるでしょうか…乞うご期待!


yori
[PR]
Top▲ by oumi_cococu | 2012-03-02 01:03
| ページトップ |