人気ブログランキング |
Top
by 
 無料のアクセスカウンター

湖国滋賀県の豊かな日常を紹介するべく、雑誌をつくっています!
by oumi_cococu
カテゴリ
リンク
最新の記事
「地域の魅力を伝えるデザイン..
at 2014-12-24 18:21
il Busetto Fir..
at 2014-07-28 01:16
vol.5発売中です!
at 2014-07-06 16:53
フェイクスウィーツ
at 2014-02-12 23:11
荒波伊吹
at 2014-02-11 21:10
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"soft autumn leaves" Skin
by Animal Skin
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き

++フォント++

コラムやしが本に、本明朝はいかがでしょう。
でも4万円以上もする。
フォント候補、だいたい決まったら予算と相談ですね。
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き_c0202060_10254751.jpg


++日暮らし++
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き_c0202060_1241848.jpg

丁寧な暮らしを魅せてくる雑誌をまた一つ発見。
この前、顧問ジョゼッペさんが岡山に行った時に見つけて買って来たらしい。

素人とプロの狭間を洒落たイラストの力で、味つけしているように思った。
「日々」と同じ知り合いを持つ人が編集してるらしい。

参考雑誌がまたひとつ増えました。
研究室にあるので、ご覧あれ。
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き_c0202060_127154.jpg
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き_c0202060_1272977.jpg
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き_c0202060_1281633.jpg



++琵琶湖++

滋賀県立大学に行くと、かなりの割合で滋賀県LOVERになって卒業していくのではないかと思う。
少なくとも私の周り(特に同級生や先輩)は滋賀県出身でもないのに滋賀県について熱く語る。
勝手に全力で琵琶湖をアピールする。

建築デザイン学科があるB棟は大学の中でも一番琵琶湖寄りで、
ベランダに出るとすぐに琵琶湖の風景が広がっている。
学生時代、何かにつけて季節も時間も関係なく琵琶湖とその向こうの風景を眺めに行っていた。(冬は風がキツすぎて1分もいれないけど)
本明朝体,雑誌「日暮らし」,琵琶湖好き_c0202060_1403335.jpg

いつみても表情が違って、本当に飽きない。
飽きるどころが、ほぼ毎回感動していて、月夜や夕暮れ、朝焼けの頃は大感動していた。
伊吹山が朝焼けに照らされて日本画みたいになっていた時は、本当にもう凄い凝視してしまった。


田舎の風景に憧れて、
大学内の写真スポット満載の風景に一目惚れして、
県大に入ったようなものだから、私は元から風景感動症候群。

でもでも

こんなに見る度に、心奪われる風景を持つ滋賀県は、
普通の暮らしレベルが贅沢だと、よそ者の私は思います。

そういう気持ちが、cococuの私が担当した部分には、きっと滲み出てくることでしょう。



mao (お次はミコシバさん!)


mao
Top▲ by oumi_cococu | 2009-12-11 08:19 | バトン
<< ミコシバ書店通信~空想の出版~ | ページトップ | ものさし >>