人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top
by 
 無料のアクセスカウンター

湖国滋賀県の豊かな日常を紹介するべく、雑誌をつくっています!
by oumi_cococu
カテゴリ
リンク
最新の記事
「地域の魅力を伝えるデザイン..
at 2014-12-24 18:21
il Busetto Fir..
at 2014-07-28 01:16
vol.5発売中です!
at 2014-07-06 16:53
フェイクスウィーツ
at 2014-02-12 23:11
荒波伊吹
at 2014-02-11 21:10
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"soft autumn leaves" Skin
by Animal Skin
それぞれの魅力
蒸し蒸しする梅雨の時期になってしまいましたが
cococu編集部は雨にもまけず活動中です。
6月17日には信楽でcococu会議&窯元・工場見学、
20日は湖北の魅力を探るワークショップに参加してきました。
(どちらも夢中になって写真取り損ねてしまいました…)

17日は信楽に向かう車中でcococu vol.2の編集会議をし、
陶芸の森、アート・イン・レジデンスの研修館などを見学。
お昼からは窯元さんやライフ・セラミックス展事務局、
大塚オーミ陶業の工場におじゃましてお話を聞かせてもらいました。
(大塚オーミ陶業のキトラ古墳原寸大復元陶板の忠実さには脱帽!)
信楽というと陶芸(もしくはたぬき?)とすぐに思い浮かびますが、
その枠組みの中でも新たな取り組みや知らなかった技術が見られます。

20日のワークショップでは湖北出身の方々と一緒に
湖北の魅力やこれからについて考え合いました。
それぞれの魅力_c0202060_23141451.jpg

県外出身であまり湖北を知らない状態で参加した私でしたが、
皆さんと話し合う中で様々な視点での『湖北』というもの、
そしてその魅力が輪郭を持って見えてきました。
「関西圏の秘境的な土地」であったり、
「自分との対話がある場所」であったり…。
湖北を想い、常に前を向いている人たちとのWSは
学ぶべきことの多い、ワクワクする時間でした。

滋賀のどの地域にもそれぞれの魅力があります。
その中には地元の人が気づいていないものもあるだろうし、
もしかしたらネガティブに捉えられている魅力もあるかもしれません。
そういう魅力をcococuで伝えることが出来るというのは
本当に嬉しいことなんだ、と改めて感じました。
vol.2もよいものに出来るよう、皆と進んでいきたいと思います。

ヨリカワ
Top▲ by oumi_cococu | 2010-06-21 22:57 | その他
<< 遅くなりました | ページトップ | 弁柄 >>